小平市の行政書士|遺言作成、相続手続き、離婚公正証書作成支援

ケース1

相続分・遺留分説明表に戻る

ケース1

配偶者がいて、子が1人いる場合です。
親および兄弟姉妹は、何人(0人を含む)でも相続分、遺留分には影響ありません。

相続分

画像の説明

血族相続人がなので、配偶者の相続分は2分の1になります。
残りの部分(全体の2分の1)は子の相続分になります。

ですので、相続分は 配偶者:2分の1 子:2分の1 です。

遺留分

画像の説明

遺留分は全体の2分の1です。

ですので、遺留分は 配偶者:4分の1 子:4分の1 です。
残りの部分は誰の遺留分でもない(自由に分配できる)ことになります。

補足

遺留分の計算の順序は上の説明の通りですが、
この場合は「各自の相続分の2分の1」で考えても同じことになります。

つまり、相続分が 配偶者:2分の1 子:2分の1 なので、
さらに2分の1にして 配偶者:4分の1 子:4分の1 となるという順番で考えることもできます。

この考え方は、相続分と遺留分を同時に考えるときや、相続人が多くなるときには便利な考え方です。

その他のケース
ケース2
ケース3
ケース4
ケース5
ケース6

a:274 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional